建設業許可を取得する理由 | 必要性、メリット、タイミング

建設業許可、いつ取るんですか?

建設に活きる行政書士の谷口竜太

建設業許可をなんで取らなきゃいけないの?大きな工事はそんなに受注してないよ。

発注先選定の際には、建設業許可取得を条件とする場合が多くあります。

 

 

建設業許可を取得したら、どんなメリットがあるのかよくわからないんだよね。

施主様、元請様、銀行への最大の信用が「建設業許可」です。

 

 

建設業許可はまだ取得してないだけで、取ろうと思えばいつでも取れるから。

「今」取得しておくことが、将来のチャンスにつながりますので、そろそろ取得しましょう!

 

このようにお答えする理由を、地域に根差した工務店様や土木会社様を例に、ご説明させていただきます。

 

建設業許可が必要になる工事

受注する工事が「建築一式工事」にあたるのか、それ以外(専門工事や土木工事)なのかによって、建設業許可取得が必要になる請負金額が決まっています。

建築一式工事

請負金額1,500万円以上(消費税込み)の工事で建設業許可が必要

それ以外の工事

請負金額500万円以上(消費税込み)の工事で建設業許可が必要


本来、全ての工事が建設業許可の対象となるけれども、建築一式工事の1,500万円未満、それ以外の工事で500万円未満であれば、例外的に「軽微な建設工事」として建設業許可が無くても施工できるというのが、建設業法の定めです。

 

建築一式工事の場合は1,500万円以上

元請となって建物新築や増改築工事を受注し、複数の下請業者を指導する場合、その工事は「建築一式工事」にあたります。
そして、請負金額が1,500万円以上(税込)の建築一式工事は、「建設一式工事」の建設業許可を取得しなければなりません。

 

ただし例外的に、1,500万円以上であっても、木造住宅で延べ面積が150平米未満であれば、金額に関係なく建設業許可は不要です。

 

それ以外工事の場合は500万円以上

下請として建物新築や増改築工事の一部を受注した場合、その工事は、例えば「大工工事」、「塗装工事」のような専門工事にあたります。
この場合は、下請としての受注金額が500万円以上(税込)であれば、各専門工事の建設業許可を取得する必要があります。
元請として下請に専門工事を発注する場合も、下請発注額が500万円以上(税込)であれば、建設業許可を持っている会社様を選定する必要があります。

 

また、元請となって建物リフォーム工事等を受注した場合、その工事は「内装仕上工事」、「屋根工事」のような専門工事にあたります。
元請として受注した、専門工事の請負金額が500万円以上(税込)の場合、各専門工事の建設業許可の取得が必要です。
たとえ建築一式工事の許可を持っていたとしても、それとは別に、各専門工事の建設業許可を取得しなければなりません。

 

なお、同じ一式工事でも、土木一式工事は500万円以上(税込)で建設業許可取得が必要となります。

 

請負金額が「軽微な工事」であっても注意が必要です

 

ひとつの工事を分割して請負う場合は、各請負金額の合計額で判断されます。

 

注文者が材料を提供する場合、市場価格と運送費を請負金額に加算した金額で判断されます。

 

ゼネコン様が下請けに出す際には、工事管理の責任上、発注金額に関わらず建設業許可業者を選定しています。

 

建設業許可取得のメリット

建設業許可を取得している事は、大規模工事を受注できる技術、実績、会社財産があるという、国や都道府県のお墨付きを受けている事です。
工事受注の決め手になる要素である施工実績、迅速な工期、有能な技術者などは、「建設業許可」という、国の裏付けがあってこそ相手の心に刺さります。

 

施主様にとって、これから発注しようとする建設会社様が建設業許可を持っているかどうかは、大きく関心をもつところです。
施主様やゼネコン様と交渉する際、建設業許可を有している事は、最大の営業であり、最大の信頼の証になります。

 

また、銀行から融資を受ける際のプラス材料になったり、求人の際に有能な技術者獲得に結び付くといったメリットもあります。

 

建設業許可取得のタイミング

建設業許可の要件を満たせているなら、「今」すぐに取得するべきです。

 

元請さんから建設業許可を取得するように言われた時や、500万円以上の工事のチャンスが出てきた時に、膨大な許可申請の裏付け書類をそろえ始めると、契約時期まで間に合わない場合があります。

 

建設業許可を取得した上で大規模工事を受注すれば、貴社の施工実績として公開ができ、さらに大きな信用を勝ち取ることが可能です。

 

必要に迫られてからではなく、後々のために「今」取得することがチャンスを逃さないことにつながります。

今すぐお電話を!メールお問合せは24時間以内にご返答いたします。
電話番号メールアドレスお問い合わせ


▽ facebookページも、ぜひお気楽にご覧ください!


貴社の課題や心配ごと、解決いたします。

個別のご相談は、貴社までお伺いします!

行政書士 ナイスファイト事務所
建設に活きる行政書士 谷口 竜太
行政書士登録番号16081022号
TEL 03-5643-9512 FAX 03-5643-9513
年中無休!早朝、深夜、土日祝日、対応しています。
〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町9-5 JWS兜町ビル418
日本橋駅、茅場町駅、三越前駅、東京駅八重洲口/日本橋口より徒歩圏内


東京都中央区日本橋兜町9-5 JWS兜町ビル418
□ JR東京駅 (日本橋口,八重洲口) 徒歩約10〜15分
@日本橋口を出て、目の前の永代通り(えいたいどおり)を向かって右へ直進
[又は八重洲口を出て、目の前の外堀通りを向かって左へ直進、永代通りと交わる交差点を右折して直進]
A左手にCOREDO日本橋を見ながらさらに進み、永代通りと昭和通りの交わる交差点を直進し、千代田橋(首都高高架下)を渡ってすぐ左折、向かって右側手前から3つ目のビルです。
□ 東京メトロ東西線/銀座線、都営浅草線 日本橋駅 (D2出口) 徒歩約3分
□ 東京メトロ東西線/日比谷線 茅場町駅 (10番,11番出口) 徒歩約1分

関連ページ

納税証明書の取得
履歴事項全部証明書とは
「登記されていないことの証明書」と「身分証明書」
建設業許可の更新手続き
建設業許可の更新申請について、提出期限、有効期間、提出書類のポイントと注意点をお伝えいたします。経営業務の管理責任者や専任技術者の継続した在籍には注意が必要です。社会保険加入については、未加入会社は更新を認めない方針が固められています。

プロフィール 建設業許可 経営事項審査 入札参加申請 「建退共」とは 相談コーナー 情報ブログ